人生のスパイス/2007年度主将 飯島佳英

2012/04/17

人生のスパイス
飯島 佳英(H20卒 主将 工 FL 明和)

 初めまして、2007年度京都大学ラグビー部の主将として、今は一人のOBとしてチームをガンガン盛り上げています飯島と申します。 せっかくの機会なので、皆さんの人生論にちょっぴりスパイスを加えられるような一言を述べられればと思います。

 大学生活4年間は、一人の人間として、最も自分を磨くことができます。勉強然り、部活動然り、私生活然り。それだけの長い時間が今、幸せなことに、あなたには与えられているのです。だからこそ、すべてを磨いてほしい。すべてを満喫してこそ、あなたの大学生活は、振り返ったときに最高の4年間になります。そして最高の4年間にするために、最適の居場所としてあなたに『京都大学ラグビー部』をご用意しています。ここには、大学生活を満喫できるものすべてがあります。男としてプライドを賭けた戦い、感動、涙。とびっきり笑いあえる仲間、ともに泣ける仲間、一生の仲間。勉強を頑張る時間、アルバイトする時間、友達とたっぷり遊ぶ時間。部活動を始めとして、さまざまなことで自分を成長させたい!とびっきりの大学生活にしたい!と思っているあなた、そんなあなたをラグビー部は必要としています。そして、そんなあなたはきっとラグビー部が大好きになると思います。

 スパイスになりましたでしょうか。私たちはきっと両想いです。