引退の挨拶 2019年度4回生 part4

2020/04/06


荻野 由佳 (MG)

 マネージャーをしておりました。荻野由佳です。私は 4 年間組織体制が変化する中で本当にいろいろな仕事に関わら
せていただきました。広報やケガ管理、また試合の分析をしたり様々な角度からラグビーと深く関わることができて本当に充実した4年間を過ごすことができました。練習や試合の運営を通じて、私たちが整った環境で部活動をできているのは多大なOB 皆様方のおかげだと何度も痛感しました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
そしてラグビーを大好きなスポーツにさせてくれた同期、先輩、後輩にも深く感謝し、これからは京都大
学ラグビー部ファンとしてこの組織を応援していきたいと思います。4 年間ありがとうございました。


珠玖 実里 (MG)

 新歓をしてもらい入部宣言をしてからの 4 年間は本当にあっという間で、色々なことがあり、ラグビー部では悔しい思いも嬉しい思いもたくさんしたなと感じます。初めは高校の時に見たラグビーがカッコ良くてこのスポーツに関わって見たいという思いだけで入部しました。入部した頃はスタッフの数も少なく、夏は暑いし、水のカゴは重たいし、足にカゴが当たって青タンもできるしめげそうな気持ちでした。そして、趣味として続けようと思っていた習い事を、大学生でも頑張りたい、コンクールに出たいと思うようになり、部活との両立は大変でした。コンクール前だとなかなか
練習にも参加できず、頑張って部活に来ているチームメイトに申し訳ない気持ちや、京大ラグビー部における私の存在意義に悩んだこと、自分のやりたいことを優先したい気持ちが交差する状態で、正直やめようかと真剣に考えた時期もありました。しかし、学年が上がるごとに任される仕事の責任も増え、先輩や OB さんにご迷惑をおかけすることもありましたが、部活での自分の役目を見つけるとともに、充実した部活動となりました。すべて同期や先輩、後輩、監督団、OB の皆様が支えてくれたおかげだと思っています。この京大ラグビーでスタッフとして活動できたことをとても誇りに思います。これからもラグビー部での出会いと経験を大切にしていきたいです。4 年間たくさんのご支援、ご声援ありがとうございました。またいつかどこかで皆様とお会いできたら嬉しいです。


中谷 萌 (MG)

 4 年間、マネージャーを務めました、中谷萌です。中高 6 年間は陸上部の短距離選手として、練習に励んできた私にとって、ラグビーというチームスポーツで、しかもマネージャーという関わり方は、全てが初めてで新鮮でした。4 年間は、楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんありました。選手とスタッフの間で意見が食い違うこともよくありました。選手はスタッフに『やってくれて当たり前』、スタッフは選手に対して『やってあげているのに、感
謝がない』という一方向の想いばかり溜まって、相手が見えなくなっていました。お互いに『尊敬する相手
がいて、自分たちがいる』という気持ちが欠けていた事に気づきました。ただコミュニケーションを取るだけではなく、『相手を尊敬する心が消えない様にする!』これから社会人になってもこのことを大切にしようと思います。

 入部当初は、マネージャーの先輩が2人で、私たちを入れて計 6 人でマネージャー業務を回していまし
た。しかし、現在はマネージャーは全員で 13 人と、2倍以上に増え、出来る仕事の範囲も広くなりました。プレーヤーが常に良い環境でベストなパフォーマンスが出来るようにこれからも支えていって欲しいと思います。

 来年からは、21 年間暮らしてきた大阪を離れ、福岡に身を置くことになりますが、4 年間で培った、コミュニケーション能力や、忍耐力(笑)を武器に、精一杯精進して参ります。(福岡に来た際は、ぜひ 5 チャンネルを...笑)
 最後になりましたが、OB の皆様、日頃より大変なお力添えを賜りまして、心から感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。