部員のリレー日記

仕返し

rss

こんにちは。有本くんの説明にもあったように、僕が彼を甘やかして出席を代わりにしてあげていたために、授業にほとんどこなくなり、その結果、試験のほとんどを落としていました。彼は多分留年します。

さて、ブログを書くにあたって、半年前ほどの出来事を書こうと思います。部員の半分ほどが宇治グランドまで50ccの原付や、125ccのAT、250ccのMTのバイクなどで練習に向かってます。ちなみに僕は125ccのATのバーグマンというバイクを乗ってます。そんな中、コガイさんは125ccのMTであるグロムというバイクで通ってます。そもそも125ccのMTに乗る人はなかなか世の中にはいません。それにコガイさんが乗っているグロムというバイクは、パッと見がオモチャで、いつもグランドの前にある坂道を登るのが精一杯のような走りをしています。なので僕は、いつもコガイさんのことを馬鹿にしてました。(愛のあるいじりです) 
そしてコガイさんに加えて松本くんの乗っているホンダタクトという50ccの原付も馬鹿にしてました。名前もダサいし、スピードも出ません。なので、125ccのAT(PCX)を乗っている水野くんと帰り道に、山科らへんの坂道で松本くんを置き去りにして遊んでました。
さらにさらに平手くんの乗っている50ccのカブという原付も馬鹿にしてました。メーターが40000キロを超えていてボロボロです。いつも運転中に壊れそうな音がしてます。

前置きはこれくらいにしておきます。この出来事は10月ごろの練習の帰りに起きました。松本くんが練習中に目を切ってしまい、原付で帰れなくなりました。なので僕は松本くんに頼まれて代わりにホンダタクトで京大まで帰ることになりました。そして練習後にクラブハウスでコガイさんと平手くんとカレーを食べているときに、コガイさんが宇治から京大までの近道を知っていると自慢してきたので、どんなもんやと思い一緒に帰ることになりました。カレーを食べ終わり、シャワーを浴びていざ出発し、30分ほど運転し、京都市内に入ったくらいで家の方面が違うのでコガイさんとはバイバイしました。さらに5分ほど運転して、僕はいつもと違う道だったので道がわからず、平手くんに道を聞いて、平手くんとはバイバイして、言われた方向に進んでいきました。1人になって京大まであと1分で着くというところで事件は起こりました。松本くんのホンダタクトをいつも馬鹿にしているので、どれくらいのスピードが出るか試そうと思い、調子に乗って加速したところで、後ろの方からパトカーのサイレンの光を感じ、「前の原付止まりなさい!」と聞こえました。僕はこの瞬間、グロム、ホンダタクト、カブが頭に浮かびました。完全に仕返しされました。倍返しされました。後日罰金8000円ほど払いました。ほんとにその日の夜は寝れませんでした。

ちなみにですが、コガイさんが「絶対にこっちのほうが早いもん♪」と言っていた近道は全然早くなかったし、松本くんが60キロは出ると自信満々に言っていたホンダタクトにおいては、メーターで60キロ出たところで捕まりましたが、実際には警察が49キロで捕まえたと言ってました。平手くんのカブは特に言うことはありません。

次は125ccのATを裏切って、250ccのMTを買った、かとそうに回します。彼のバイクのようなスピード感があり、キレのある話を期待してます!
 

この記事を書いたメンバー

アーカイブ