部員のリレー日記

愛のかたち

rss

こんにちは。和氣から紹介を受けた正岡です。和氣に言ったセリフは本当です。和氣と出会ったのは新歓の履修鍋会でした。「三浪のやつがいる」と小耳に挟んで、酒井さん家に着くと圧倒的な雑魚オーラをまとった人間が一人。和氣でした。絶対こいつが三浪だと確信し、あのセリフを言い放ちました。「正岡は3つ下のくせにナメすぎ」と言われるかもしれませんが、僕からすると3つ下にさえナメられる雑魚感をまとっているほうが悪いですね。来年後輩が入ってきた時の和氣が心配でなりません。といっても、和氣とはとても仲が良いので僕のイジリには愛があるということは伝えておきます。
こんな風に和氣をいじっているんですが、僕は昔からよく人をいじっていました。小学生の頃は先生に怒られたりもしました。中高でも、人にあだ名をつけたりしていました。居眠りするとめちゃくちゃよだれを垂らす友達を「蛇口」や「マーライオン」って呼んだり。でも、これは僕なりの愛情表現です。僕は、面白い人しかいじったりしないし、これが僕なりの距離の詰め方なんだと思います。特に悪い事だとも思ってないですし。まあ、人には人の"愛のかたち"があるってことで許してください。 
京大ラグビー部一回生にはいじりがいのあるメンバーがいっぱいいるのでとても楽しいです。こんなユーモアあふれるみんなと4年間仲良くラグビー頑張りたいです、なんて綺麗事を述べたところで僕のブログは終わりです。
次は、アメフト部の新歓タッチフットにヘッドキャップ、マウスピースを持参して参加した場違い男、横山ルイです。これまた三浪なのでいじりがいがありますね。

この記事を書いたメンバー

アーカイブ