部員のリレー日記 2013/1

寒さからの逃亡

[リレー日記] 投稿日時:2013/01/26(土) 20:56


洛星高校はいい学校です。
京都で一番の私立といえば、疑いの余地なく洛星でしょう。

ですよね?山敷。

そんな、母校から来年は何人が京大に入学してくれるでしょか?
そして、その中の何人がラグビー部に入ってくれるでしょうか?

今から、楽しみで仕方ありません。

ラグビー部を考えている、洛星高校の後輩たちよ!
是非、一度ご飯に行きましょう!!

まぁ、高校の話はこれくらいでおいておいて、


引退して一ヶ月近くが経ちました。

只今、私は英語の勉強に追われる日々を送っています。

英語って難しいですよね?

私は特にリスニングが苦手です。

先日、TOEICを受けましたがちんぷんかんぷんすぎて、吐きそうでした。

毎日、呪文のような言葉を聞き、4択の問題を解くのはもうこりごりです。
そして、京都の殺人的な寒さにもこりごりです。

そこで、今週の日曜日から国外逃亡することを決意しました。

一ヶ月、フィジーでホームステイして、遊んできます。

のんびり、太陽の下でフィジアン・マジックの片鱗でも見てきます。

ついでに英語も話せるようになりたいです。


んじゃ、次は
杉本こと、こーへいちゃんに
行きつけの整骨院の受付嬢を落とす方法でも書いてもらいますかね。

ハイパントは絶対に落とさないこうへいが、女の子だけは落としちゃうんですね。

羨ましいかぎりです。(>_<)

じゃあ、
私はこの辺で、
バイバーイ!(^-^)/
 

冬と言えば…

[リレー日記] 投稿日時:2013/01/25(金) 17:12

どうも生まれも育ちも京都(のあまり歴史や伝統のない田舎)であります生粋の(エセ)京都人、高矢でございます。

さらにJさんほど京都に思い入れもありません。だって他を知らないから。

鍛高譚は麦でも芋でもなく、しそ焼酎です。確かに6月の自分の誕生日からだいたい9月くらいまでは我が家の主飲料になりますが、別に殊更に好きなわけではありません。その時期そこに鍛高譚があるから飲むだけです。

いろいろ紹介(Jさんからのフリを消化)しましたが、ブログらしく最近の話題について書きたいと思います。

先日テレビを見ていると大阪天満宮の「すべらないうどん」なるものが紹介されていました。もちろんこれにあやかりたいのはこの時期もっとも大変な受験生ですね。

しかし、個人的には自分の受験の時にもスキーに行ってたほどの物好きで、それこそ滑りまくっています。先週はスキージャム勝山にて、経験したことのないほどふかふかのパウダースノーにお世話になりました。来週は高鷲SPにお世話になります。

しかし、スキーをしながら同時期に入試に合格するためには発想の転換が必要です。
つまり「もうこれ以上滑らないぐらい滑り尽くす」
そう言い聞かせながら自分は受験シーズンに臨んでいました。

まぁ結局は本番にいかに自信を持って臨めるかという点にかかってきますし本人次第ですね。自分が納得するかどうかが責任のある判断基準だと思います。

受験生の皆さんが自分の納得のいく結果を得られることを祈念しております。

というわけで、同じく京都で、今年も後輩が数多く京大を受験するであろう洛星高校出身の中村くんに回したいと思います。中村よろしく。 

灼熱!プロップだらけのフルマラソン大会in真夏日   森・ボルケーノ・淳希

[リレー日記] 投稿日時:2013/01/22(火) 23:42

うおおおおーーーーー!!!!!!






大学最後の、ブログ執筆だぜえええーーーーー!!!!!







燃えてきたああああーーーーーー!!!!!!







ブログ、最高おおおおおーーーー!!!!!!!













…はい。まあそんな感じでね。

正直いい加減稲垣君には歳相応の落ち着きというものを身につけて欲しいです。



さて今回のブログですが、せっかく熱い男というフリをもらったので僕の京都への熱い想いについて少しお話させて頂きたいと思います。

僕は来年から拠ん所無い事情により京都を離れ単身東京砂漠へと乗り込むこととなりました。

もともと「京都に住みたい!」という軟派極まりない理由で京大に来ているくらいで、昔から京都が大好きだったのですが、ここを離れることが決まってからというもの以前にも増して京都への愛が溢れてきております。

もう京都の何もかもが好きです。

数多くの寺社仏閣などが紡ぎ出す歴史情緒は言うに及ばず、最初は迷うけれども慣れてしまえばむしろ分かり易い碁盤状の町並みとか、どこへでも自転車一つで行けてしまう便利さとか、買い物はほぼ三条・四条・河原町・烏丸の小さな四角形の中で完結してしまうお手頃感とか、高い建物がないことによる空の広さとか、そんな中でポッツリ佇む京都タワーの間抜けな感じとか(褒め言葉)、観光シーズンに東大路を通る時のもどかしさとか(ギリギリ褒め言葉)、もう言い出せばキリがありません。

河が流れているのもいいですね。
河川敷で等間隔に並んで坐ったことも無ければデルタで花見をしながら睦み合ったこともなく、ロマンチックに蛍を観賞したことなどなおさらありませんが、それでもやはり大きな河が流れているというのはなんだか心を和やかにする気がします。
ちなみに一人でランニングしたことならあります。


こんなに素晴らしい街を離れるとなると、次から次へと心残りが湧き出てきて本当に後ろ髪を引かれる思いです。
まあその大半はあの店の天津飯大盛りにまだ挑戦していないとかあのラーメン屋のポイントカードもうちょっとで貯まるのにとかそういうしょうもないものなんですが、そういうのに限って意外と気になったりするんですよね。
あと数週間のうちに出来る限り多くの心残りを消化してきたいです。



なんだかとりとめのない文章になってしまいましたが、これを読んで京都に行きたくなった人や京都が懐かしくなった人は(いないと思うけど)、是非観光がてら後輩達の試合を観に来て頂ければ幸いです。
そして何より、京都はこんなに素晴らしい街なので、関西のみならず全国からもっと京都大学に受験生が集まればいいなと思います。
大学の志望理由なんてそんなもんで大丈夫です(多分)。
それでラグビー部に入ってくれたら最高です。


次のブログですが、京都生まれの京都育ち、そして行く行くは京都で働くことが決まっているという根っからの京都っ子、高矢君に回したいと思います。
彼は酒どころ伏見で育ちながらも三度の飯より鍛高譚が好きという変わり種です。
本当に不思議です。
 

それではたかやーにゃよろしく!
 

稲垣スタイル

[リレー日記] 投稿日時:2013/01/19(土) 12:19

昨シーズン主将を務めさせていただきました。稲垣です。

この度は更新が劇的に遅れてしまい、大変申し訳ありません。
引退試合を終えて完全に油断していました。

まさか引退後にブログの順番がまわってくるなんて…

しかも天使だと思ってためぐちゃんからあんなキラーパスを貰うなんて…

実は小悪魔なんですかね?
今度会ったら聞いてみます。


ところでブログの内容です。
ここはひとつ主将として一年間の感謝の気持ちを表すべくイケメンな文を書かなければ…
と身構えていたのですが、
Web担当の森バーニング淳希君から

ちゃんとしたのは別でやるから固い感じじゃなくていいよ!!
Don't Worry, Be Happy!

とのHotなお言葉を頂いたので、
柔らかめのブログで攻めてみようと思います。

とは言っても書く内容が見当たりません。
唯一思い浮かぶトピックスとしては、
最近初めて江南スタイルを聞いたことくらいですかね。

いや~

テンション上がります!

個人的には、HYUNAとコラボしてる方(http://www.youtube.com/watch?v=wcLNteez3c4)をリピートしているんですが、
たまんないです!

PSYのかわいさ!
かっこよさ!
そしてかわいさ!

あっ
興奮してかわいさでサンドイッチつくっちゃいましたね!失敬失敬。

でもホントにかわいいんです!PSYが!

もちろんHYUNAも好きです。
完全なスレンダー美女ですし、
遊びに誘われたらホイホイ付いていってしまうでしょう。アホ面で。

ですが今回は相手が悪かったですね…

完全に引き立て役です。
フリです。

特に僕が好きなのは
3:18~のドヤ顔ですね。
もちろん曲を通して常にドヤ感は出ているんですが、僕にはこのシーンが堪らないんです。

と、まあこんな感じで書いてみると
僕が完全にバカにしてるみたいになりますが
そんなことはありません。
普通にカッコいい曲です。
是非是非チェックしてみてください。

以上で僕のブログは終わりです。
とにかく僕が伝えたかったのは、

稲垣は今日も平和に過ごしてます。

ってことです。

では次は京都で一番アツい男、
森バーニング淳希君に書いてもらいましょう!
彼はホントにアツい男なので、
ヘタするとブログを炎上させるくらい刺激的なことを書いてしまうかもしれませんが皆さんご了承下さい。





ところでこのフリ、二回目であることをご存じですか?(http://d.hatena.ne.jp/kiurfc/20110714/1310615404

前回はプレッシャーに負け、
出オチならぬ出アチをかまし、
以下しょうもないことを書いてしまった彼ですが
今回は一年半が経って成長したところを見せてくれる事でしょう!
楽しみです!!

それでは失礼します!
最後まで読んでいただきありがとうございます!
良いお年を!!
 

«前月  2013年1月  翌月»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年1月