• Top
  • special
  • 5月28日 京大ラグビーフェスティバルを開催しました。

5月28日 京大ラグビーフェスティバルを開催しました。

2017/06/03

 抜けるような青空の下、大阪府の高校生を宇治グラウンドに招待し、京大ラグビーフェスティバルを開催しました。昨年までは伝統校大会の名のもと、各校が交流試合を行うという内容でしたが、本年は京大ラグビーフェスティバルと称して、京大の現役部員によるセッションと高校生の合同練習という、より「交流」という面にフォーカスしたイベントを行うこととなりました。
 今回の流れは、開会式、ウォーミングアップ、現役部員によるセッション、ユニット練習、アタック&ディフェンス、一年生試合、閉会式です。
 開会式で石川副部長、溝口監督、溝上主将から挨拶を終えると、ウォーミングアップに移りました。ウォーミングアップではそれまで緊張気味だった高校生にも笑顔が見られるようになり体と心をうまくほぐせました。

開会式

ウォーミングアップ
 
 現役部員によるセッションではFWがコンタクト練習、BKがハンドリング練習を指導しました。人に指導するという不慣れなことに挑戦する不安がありましたが、少しでも多くのことを学ぼうという高校生の貪欲さに助けられ、濃密なセッションができたと感じています。また、人に教えることが自分たちの原点に立ち返るいいきっかけにもなったと思います。

コンタクト練習

ハンドリング練習
 その後は高校生のユニット練習、アタック&ディフェンス、一年生試合を行いました。どのチームも厳しくかつのびのびとプレーしており、見ていてワクワクさせるようなラグビーでした。高校生ながらも非常に技術は高く、私たちが見習わなければならないようなプレーも随所に見られました。

アタックディフェンス
 
 閉会式では本年度リクルート活動に使用する高校生向けのビラを配りました。このビラを見て、また今回のイベントを通して京大ラグビー部へ入部したいと思ってくれる高校生が少しでも増えればいいなと思っています。

閉会式

参加いただいた高校生の集合写真
 
 最後になりましたが、今回のイベントの開催にご協力頂いた各高校関係者の皆様、OBの皆様に感謝を申し上げます。このイベントを通じて、各校の絆がさらに深まったことと存じます。これからも是非様々な交流を重ね、ラグビーを通じた絆―楕縁というのでしょうかーを広げていければいいなと思っております。