• Top
  • special
  • 灘高校・近畿大学附属和歌山高校を宇治グラウンドにご招待しました

灘高校・近畿大学附属和歌山高校を宇治グラウンドにご招待しました

2015/05/08

4月25日に京大宇治グランドにおいて開催された、灘高校と近大付属和歌山高校の
交流試合についてレポートをまとめてみました。
来年以降の新人の確保を目的としたものですが、大変効果的だったと思います。
京大ラグビー部関係者(企画・設営・実行された皆様)には大変、大変お世話になりました。
ありがとうございます。KIURFC38年卒・灘高OBの私からも、改めてお礼を申し上げます。
 
1、試合結果は、近大・和歌山33-25灘高でしたが、トライ数は5-5で同じ、
  ゴールキックの差が点数差となった。白熱した試合で楽しく観戦できました。
  両軍共に、オープンに良く回し、タックルも良くやっていたし、気持ちのいい試合だった。
  特に灘のスタンドオフ中田都来君の動きがよかった。
2、昨 年花園の全国大会に和歌山県代表で出場した近大・和歌山は礼儀正しく、
  フェアで、好感が持てました。
  帰路につく前、先生以下全員がタッチラインに沿って一列に直立不動で並び、
  グランドに向かって深々と礼をしていたのが印象的でした。
3、日 本協会所属の河野レフェリー(京大ラグビーH14年卒)のテキパキした笛と動きを
  見ていて、「さすが!」と感銘を受けました。ありがとうございます。
4、AMF は、両高校関係者全員参加し、打ち解けて和やかで喜んでおりました。
  京大ラグビー部からの熱い勧誘メッセージもインパクトがあったと思います。
                            (文書:野田伸雄、昭和38年卒)