部活と勉強の両立はできますか?


回答者:

左から2回、林田;医学部人間健康科学科3回、志村;農学部食品生物化学科4回、小堀;法学部
 
――まず各々の学部でどういったことを勉強していますか?
 
林田:僕は医学部人間健康科で、人体の構造や生理機能、また病気についても幅広く勉強していて3回生からは病院に実習に行って実際に施術したりします。
 
志村:僕は農学部で食品について学んでいます。研究室などはこれから決まっていく予定です。
 

小堀:僕は法学部で、法律メインで勉強しています。
 
 
――みなさん、単位はしっかり取れていますか?
 
林田:全部取り切りましたー!
 
志村:僕は、もう受けた授業は全て単位取りました!
 
林田:受けた授業はっていうのが怪しい。
 

志村:いやいや(笑) なんなら専門に関しては全部優か良やからな?(笑)
 
一同:おおー
 
小堀:実験とかはどれぐらいあるの?
 
志村:実験は週5とかですね…。
 
小堀:ええ!週5?!ほぼ毎日じゃん(笑) そこからの練習はきついよなー。
 
志村:でも、そこで実験を優先させてくれる京大ラグビー部の優しさには感謝しています。

林田:小堀さんは単位どうなんですか?
 
小堀:卒業は…余裕かな?(笑)
 
一同:おおおーーー
 
 
――では、自宅生である志村と林田はどういった工夫をしていますか?
 
志村:僕はむしろ自宅生の方が規則正しい生活ができるのでいいと思いますね!
 
林田:そうですね、受験勉強の時のように勉強できる環境が整っているのも自宅生の一つのメリットだと僕は思います。
 

小堀:俺は下宿生だからすぐ遊んじゃうなー(笑)
 

志村:じゃあなんでそんなに単位取れるんですか(笑)
 

小堀:やっぱり試験期間中に長期オフがあるっていうのはかなり大きいな。
 
林田:確かに、ラグビー部は前期の7月と後期の1月2月が丸々オフで割とがっつり試験勉強に時間を割けられるのは嬉しいですね。