部長挨拶/清野純史 (S56年卒 京都大学工学研究科教授)

 1897年、京都大学は千二百年以上の歴史を持つ古都に創設されました。


 爾来、自学自習、独立の精神を礎に多くの優れた人材を輩出してきた京都大学に、1922年ラグビー部が創設されました。


 日本ラグビーの起源は1899年に英国人E.B.クラークが指導した慶応大学に端を発しますが、 1910年に京都大学の前身である旧制第三高等学校に第二のラグビーチームが創設され、またクラーク氏も京都大学で教鞭をとるなど、京都大学ラグビー部の歴史は日本のラグビー発展の歴史に大きく寄与してきました。このような歴史と伝統ある京都大学、そして京都大学ラグビー部で皆さんとお会いできたらどんなに素晴らしいことでしょう。


 もう彼此三十年前になるでしょうか。私が高校三年の時の11月、インターハイの県予選準決勝で敗れ、家でボーとしている日々が続いていたある日、京都大学ラグビー部から一枚のはがきを貰いました。『我々と一緒にラグビーをやろう』、ただそんな内容でした。でも、その一枚のはがきがその後の私の人生を方向付けたと言っても過言ではありません。


 当時は自分の行きたい大学に行って試験を受け、玉砕したら何度でもまた頑張るだけでした。それでも京大が好きで、ラグビーが好きな連中が全国からたくさん集まってきました。


 時が流れ、時代が変わり、世相が変わったと言われる今も昔と同じです。京大が好きで、ラグビーに少しでも興味があるなら、ぜひ宇治のグラウンドに足を運んでみてください。素晴らしい仲間たちが君たちを待っています。そして私も皆さんとグラウンドで会える日を楽しみにしています。