• Top
  • Blog
  • 部員のリレー日記

部員のリレー日記 2017/2

85kgはまだまだ遠い

 written by 高木 敦司 投稿日時:2017/02/25(土) 14:42

こんにちは。新4回生で主務を務めます、高木敦司です。小川君には下の名前も紹介されましたが、普段下の名前で呼ばれることは無いので照れくさいですね。あと毎日五本指靴下を履いているというのは事実です。そのせいか、いつぞや貰った誕生日プレゼントも五本指靴下でした。僕のアイデンティティは五本指靴下だけなのでしょうか?しかし五本指靴下には色々な良い効果があるとされているので、多少面倒ですがみなさんも一度履いてみてはいかがでしょうか?

 

 

さて僕がこのブログを書いているのは、ちょうど国公立大学の二次試験の前日です。この時期になると今でも自分が受験した頃のことを思い出します。あれからもう3年経ってしまい、光陰矢の如しとはまさにこのことだなぁと感じます。

しかし自分に何の変化もないというわけではありません。頑張って覚えた英語や数学、日本史の知識などは頭から出て行き、代わりに意味のわからない法律の知識がすこし入ってきました。

また入学時には63kgも無かった体重がこの2月で80kgを超えました。ラグビーをやる者として体重が増えるということは喜びです。特に中々超えられなかった80kgの壁を超えることが出来たのは後輩の古座岩君が作ってくれた素晴らしいウエイトメニューのおかげです。彼には感謝しています。シーズンが始まってもなんとか落とさないようにしていきたいと思います。ただ、最近実家に帰った際に高校に寄ったら、お世話になった先生方に「お前誰だよ?」という顔をされたのは自分の成長を感じつつも少し悲しかったです

 

 

ここまでまとまりのない内容となってしまいましたが、少し今シーズンの抱負のようなものを書きたいと思います。

まずプレーヤーとしては飛躍の一年にしたいと思っています。僕はこれまで試合に出ることが中々出来ませんでしたが、最後の一年、少しでも試合に出てチームの勝利に貢献するとともに自分自身も成長していけたらと思います。試合に出るためにも自分の強みは何なのかということをしっかり考えて生かしていきたいです。

また、プレーヤーとしても主務としても当たり前のことを当たり前に行うようにしたいと思います。普通のことを普通に行うことは思った以上に難しく、大切だからです。特に主務の仕事はやって当たり前、出来なかったら叩かれるという感じだからです。まあ社会に出たらそれが当然なんでしょうか?

 

 

こんな稚拙な文章を書いている間に日付が変わってしまい二次試験当日の夜となってしまいました。来たる四月に1人でも多くの新入生がラグビー部に入ってくれることを願いつつ僕のブログは終わりにしたいと思います。

 

 

次はこの2月ほとんど京都にいなかった敏腕会計の西谷君にブログを回します。

 

頼むぞ、西谷!

通勤ラッシュに揉まれてます

 written by 小川 拓朗 投稿日時:2017/02/23(木) 19:03

お久しぶりです。新4回生の小川拓朗です。最近は病院実習で通勤ラッシュに揉まれて朝8時から夕方の6時まで神戸のポートアイランドの病院に通っています。実習中にトレーニングをするために1月からJOYFITの会員になり、1人で追い込めるセーフティバー付きのパワーラックや豊富なマシンなど充実した環境でトレーニングができることに興奮していましたが、思ったより忙しくて平日は大好きなウエイトトレーニングをする時間が無く、ストレスの溜まる日々です。春シーズンもほとんど練習に行くことができないので残念です。

 

新チームの始まりという事で、今年にかける思いを書きたいと思います。

僕がラグビーを始めたきっかけは、幼稚園の部活で柔道部に入ろうとしましたが、定員オーバーのため入部できず人数制限の無かったラグビー部を選ばざるを得なかったというものです。高校になる時も学校にラグビー部が無かったのでラグビーをやめようかと考えることもありましたが、SCIXラグビークラブのおかげもあって今年で17年ラグビーを続けています。そんなラグビーを本気でするのは今年が最後だと思うので後悔の無いようにしたいと思います。そのために、最上級生である今年は主体的に取り組むことが必要だと思いました。もちろん結果は大事で、記録として残るのはリーグ戦や定期戦での結果ですし、〇〇の代はリーグ戦で何勝した、とか言われると思います。でも僕はそんなことよりも自分たちが正しいと思ったことをやり抜いたかどうか、という過程の方が大事で、引退した後に自分が考える事はラグビー部の結果よりも自分の納得のいく方法で出来たかどうかだと思います。今までラグビーをやってきて、あまりチームが強くなるために何かしたことはありませんが、今年は誰かの言う事をただやるような受け身の姿勢ではなく、部員全員が納得して1つの方向を向いてラグビーをするようなチームにしていきたいと思います。学生主体の京大ラグビー部においてその指針を示す役割は最上級生である僕らにあると思うので責任を持ってチームをリードしていきたいです。僕自身、入部してから今までこの練習は意味があるのか、もっとこうすればチームが良くなるのではないかと思いながらも行動に移さないままであることがあったので、今年は後輩達からの意見にも耳を傾けながら全員でチームを良くしていきたいと思います。

 

張り切った内容のブログになってしまいましたが、怪我せず最後の1年ラグビーを楽しみたいと思います。次は毎日五本指の靴下を履いている主務の高木に回します。よろしく、あつし。

お世話になった4回生

 written by 溝上 永純 投稿日時:2017/02/22(水) 21:53

お久しぶりです、今年度主将の溝上です。

主将として意気込みや抱負を述べようかと思ったのですが、それはまた別のページに書く場所があるのでここでは違う話しをしようと思います。

 

4回生が引退してはや2ヶ月が経とうとしています。新チームとしてはまだオフ期間なので、各自のウエイトと週に1回の練習が始まっているだけなのですが、やはりとても賑やかだった4回生がいないのは少し寂しいです。

思い出していたらとても寂しくなってきたので今回はお世話になった4回生について書きたいと思います。

 

僕は小、中、高、大と部活をずっとやり続けてきましたが、今年引退してしまう4回生には1番お世話になったと思います。

どれくらいお世話になったかというと、僕が怪我をして原付に乗れなかったときに一緒に車で帰り、よくご飯を食べに行ってくれた某4回生2人が「俺ら友達だろ」といい、途中から奢ってくれなくなるくらい仲良くしてくれました。

他にも一緒に銭湯に行ったり、ゲームをしたり、鍋をしたり、飲みに誘ってくれたりとグラウンドの外でも大変良くしてくれました。

 

しかし、新チームの主将を任されておきながらも、自分は先輩と比べると後輩がお世話になったと言ってくれるようなことをまだできていない気がします。

幸いあと1年、先輩に甘えることのできない期間があるので、この1年で後輩に慕われる、頼もしい先輩になりたいと思います。

 

早速新4回生らしく、しっかりとしつつも面白いブログを書き後輩に慕われようと企んだのですが、どうも上手くいきません。自分は行動で示すべきですね。

 

次は現在実習中であまり部活に来ることが出来ずに、もどかしい思いをしているであろう副主将の小川君に回したいと思います。

ブログ止めてごめんなさい

投稿日時:2017/02/20(月) 17:18

お久しぶりです、田中です。

オフですが特にすることもなく体育館と家を行き来するだけの日々が続いています。

リーグ戦期間中はあまりウエイトで追い込めていなかったので、このオフ期間中でしっかり全身追い込めて、バルクアップしていく喜びをかみしめています。

 

そういえば先日こざいわくんとながしまくんと競馬に行きました。

僕と永島くんは外してしまいましたが、十分楽しめました。

カフジテイクの最後の追い込みには2人で興奮しました。

ちなみにこざいわくんは2000円くらい勝ってました。

悔しいのでまた行きましょう。

 

緊張感のない話が続きましたが、2月も終わりに近づき、大学入試直前ということで受験生のみなさんは緊張が高まっていると思います。もしここをみている受験生がいれば、ありきたりなアドバイスしかできませんが、本番はリラックスして挑んで下さい。入試問題を楽しむくらいのスタンスがちょうどいいと思います。

あまり力みすぎるとあせったり空回りするのでいつも通りやるのが一番大事です。

そして、合格して京大ラグビー部に入ってきてくれるのを楽しみに待ってます。

 

次は新チームキャプテンの永純さんにまわします。

<< 2017年2月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28