部員のリレー日記

初めまして

投稿日時:2017/06/26(月) 02:45rss

どうも、ビショビショな痴女が好きそうと紹介されました原 彩斗です。僕の名誉のために言っておきますが、全くその通りです。

先日、立命館大学の難民支援サークル主催の、立命一受けたい授業というものに参加させていただきました。
今まで僕は難民という言葉を聞くと、貧乏で食べ物に困ってる人、というイメージをもっていましたがこの授業のおかげでその考えは変わりました。
難民の人たちは宗教、貧困、迫害など様々な理由で難民になるのであり、中には大学で研究をしていた人や、スポーツ選手など、裕福な人も難民になるのです。
僕が今難民の人たちのためにできることは、難民の状況をより深く知り、それを周りの人に伝えてあげるということです。
これを読んでいるあなたも難民のことを理解して、何が自分にできるかを考えてもらえたら幸いです。


さて、少し自己紹介をします。
僕は愛知県の尾張旭市という所からやってきました。この街は緑豊かで、人も温かく、自転車がよく盗まれる点を除いてはとても居心地のいい所です。
それなのに名古屋市民は、僕が名古屋市民ではないという理由だけで僕を迫害してきました。そして、それが嫌で逃げるように京都にやってきました。
僕も難民です。
だからみなさんは、僕のことを理解して僕に対して何がしてあげられるのかをよく考えてください。

続いては顔の渋さが売りの鹿取くんです。