• Top
  • 主将挨拶/三島

主将挨拶/三島康二

こんにちは。今年度主将を務めます三島です。

一昨年に90周年を迎えた長い歴史を持つ京都大学ラグビー部は現在、関西Bリーグに所属しています。しかし、近年は私立大学の強さに押され、それを乗り越えるために何をすべきかを考えて取り組んでいます。
学生主体で活動しているところが京大ラグビー部の一つの大きな特徴です。自分達自身で目標を定め、それに向かって計画し実行する、とてもやりがいがありますし魅力を感じるところです。

今年は「all out」というスローガンを掲げ、自分達ができること出し切る、という意味を込めています。

学生主体で活動している一方でOBの方々からの厚いご支援があります。我々は普段宇治で活動していますが、そこはラグビー部専用の天然芝のグラウンドであり、そこには専用のウエイトルームや練習後すぐに食事を摂ったりミーティングなどが出来るクラブハウスもあり、非常に整った環境で活動できていると感じています。

厳しい練習やミーティングなどの密な時間を他の部員と共に過ごす中で本当に信頼しあえる仲間となって行くのだと思います。
大学生活の中の時間を割いて絶対後悔しないと思うので是非グラウンドに足を運んで京大ラグビー部を体感して欲しいと思います。